現在多くの人から注目されている小顔になる方法

簡単な施術で若くスリムに

カウンセリング

人気の施術箇所と費用の差を決めるポイント

ボトックスとは、ボツリヌス菌に由来する薬剤で、体内に注入すると筋肉の動きを抑える働きがあります。以前から、眼科、神経内科の痙攣症治療に利用されてきましたが、今はメスを使わないプチ整形として美容外科の分野で広く使われています。主な施術箇所としてまず挙げられるのが顔で、筋肉を弛緩させることによって周りの筋肉が皮膚を引っ張り、しわやたるみが消えます。また、エラ部分の施術も人気です。エラの原因は物を噛むときの筋肉である咬筋(こうきん)が発達しすぎているからですが、ボトックスで動きを麻痺させると使わなくなった筋肉は収縮し、やがてハリが目立たなくなります。この作用はもっこりと大きく盛り上がった肩のラインやふくらはぎをしなやかに見せることにも効果的です。肩全体にある僧帽筋や、歩き方や姿勢などの原因で過度に発達したふくらはぎの筋肉に注入します。すると、エラ部分と同様に一過性の麻痺が生じて筋肉が収縮し、すっきりスリムになるのです。デコルテを強調した服やウエディングドレスをきれいに着こなしたいとして希望する人が多いです。

ボトックス注射は一部を除いて基本的に保険適用外の自由診療なので、クリニックによって費用はさまざまです。まず、眉間や目尻のしわ、たるみは2万円?5万円で、注入範囲が広くなる額は若干高くなります。エラやふくらはぎ、肩は5万円?10万円が一般的な相場です。費用の差が出る理由は、使用する薬剤の種類と注入量、注入箇所の違いにあります。知名度が高く代表的な薬剤とされているものは比較的高額で、ボトックスのジェネリック薬剤とされているものは費用が安く設定されています。もちろん費用の差は効果の持続性や安全性を決めるものではありませんし、注入量を増やせばいいというわけではありません。本人の体質や希望する施術後のイメージによるところも大きいと言えます。施術前のカウンセリングが丁寧かつ、使用する薬剤や適性量についてしっかり説明が受けられる、費用の提示が明瞭であるといった信頼できるクリニックを選びましょう。また、ボトックスは定期的に注入することで、使わない筋肉が萎縮して半永久的な効果が期待できます。費用を抑えたい場合は、初回費用を安くしたり、複数回施術できるパック料金のキャンペーンをおこなっているクリニックを利用するのもいいでしょう。

Copyright© 2019 現在多くの人から注目されている小顔になる方法 All Rights Reserved.